STREET BIKERS' ストバイ公式ショッピングサイト

Street Bikers’ official site — Web Store

フリーメール(Yahoo!メール等)をご利用のお客様へ 
フリーメールをご利用の場合、こちらからのメールが迷惑メールと判断されてしまう事が多いようです。
お手数をお掛けしてしまい申し訳ございませんが、
メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認頂ければ幸いです。
恐れ入りますが、宜しくお願い申し上げます。

メニューリスト

STREET BIKERS' 2017/3月号 ストリートバイカーズ #183

Category : バックナンバー

*写真をクリックすると拡大して見れます

●特集
Wの奇蹟-II
[ノーム・コア]50年語られなかった、カワサキ”W”の神髄。
●新連載
「知ってる?」
第一科目「タイヤができるまで」
●TRIUMPH×BELSTAFF “STREET CUP”
●BIKER@STREET 「防寒物語」
●YOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW 2016
●新連載シリーズThe「鍛錬」1000の階段



●特集
Wの奇蹟-II
[ノーム・コア]50年語られなかった、カワサキ”W”の神髄。
1966年〜1974年まで続いたW1シリーズ、1999年〜2008年までのW650、2011年〜2016年までのW800……は、新旧問わ ず、なぜか!? ほとんどのヒトが“ノーマルフォルム”(過度なカスタムをしない)のままずっと楽しみ続ける、CBやSRを含めたスタンダードと呼べるモデルの中でも希有 な存在。以前からストバイ”W”研究班は、その“魅力の真髄”を探ってきたワケですが、何人のWユーザーさんに話を聞いても「ハッキリした答え」が出てこ ない!? のが、これまた”W”の特徴でもあったりして……でも、そんなユーザーさんはとくにムズカシイことを考えないまま全国アチコチ走り回っているわけです。友 人の家に、買い物に、ミーティングに、ツーリングに、と、誰もがごくごく“フツー”にオートバイとしての”W”を楽しんでいるのです。その姿はいつしか 「”W”ってフツーだよね」もしくは「”W”ってどこか地味だよね」なんてイメージまで作り始めています……でももし、多くのヒトビトがそんな楽しみ方を している”W”の魅力が本当に“フツー”だとしたら、それこそ果たして本当に“普通”なんでしょうか?長々、書いてきましたが、今回のW特集はまさにその“フツー”と感じている魅力こそがテーマ。タイトルに冠したNomal+Coreの造語[ノー ム・コア]は、2〜3年前にファッションシーンで世界的に流行したコトバですが、まさに”W”こそ[ノーム・コア]ー“究極の普通”ではないでしょう か!!?? 一緒にじっくり考えてみませんか?


●新連載
「知ってる?」
第一科目「タイヤができるまで」
みなさん、タイヤってほんとのところどーやって作られているか!? 知っていましたか? 恥ずかしながら、私(編集シバハラ)は考えたことありませんでした。もちろん種類やパターンがイロイロあるってことくらいは知ってましたが「ゴムを溶かし てタイヤの形状に固めてる??」程度……ところが、これがまったくの見当違い!! 写真はブリジストンから今年発売されたばかりのH-D用バイアスタイヤのカットモデル。パッと見ただけじゃ意味が分かりません。
そもそも“ゴム”って何だろう!? タイヤはどーやって作られていて、一体、何が違うとフィーリングが変わるのか!? 新連載[知ってる?]は、オートバイ乗りなら誰でも当たり前のように接していながら、じつはそのモノ自体が何でできているのか? どのように作られるのか? など……知ってそうで、「じつはちゃんと考えてなかった」モノゴトに焦点を当てる社会科見学的ベンキョー企画。読めば明日から“モノ知り顔”で友達に自慢 できる内容満載です。
ちなみに、ゴムを溶かす……なんて工程は一切ありませんでした。



●TRIUMPH×BELSTAFF2017
[STREET CUP]
昨年、水冷化された新生トライアンフ。もはや本誌でもおなじみの存在ですが、その仕上がりはもう驚きの連続!! 270度クランクを採用した900ccの並列ツインエンジンは、STREET TWIN、T100BONNEVILLEと登場し、このSTREET CUPで3機種目(1200ccエンジンではBONNEVILLE、THRUXTON、そして先日発表されたBOBBERと続く)ですが、なによりどれも 乗って、走らせて、素直に「楽しい!」気持ちが溢れるオートバイでした。そしてもっとも僕らを驚かせてくれたのは「同じ遺伝子で、異なる個性を放つ!?」そ の仕上がり!! エンジンとフレーム、そしてホイールサイズ等が共通ながら3機種ともに単なる外装チェンジのスタイル変更ではない!!?? というコト。充実した内容を持つ、異なる個性……STREET CUPにはまたしてもヤラレました! そしてトライアンフがまたしてもやってくれました!! というワケで、ストバイ編集部は今年も引き続き、新生トラインフは太鼓判を押しイチオシして参ります。巻頭8ページボリュームでの展開するインプレッショ ンは、同じく昨年上陸した英国モーターサイクルウェア・メーカーの老舗[BELSTAFF]さんの協力のもと、英国スピリッツ満載でお届けしております。



●BIKER@STREET 「防寒物語」
おなじみ創刊時からの人気企画[BIKER @ STREET]。今号では「防寒物語」と題し、オートバイ乗りの“防寒の工夫”をテーマに取材しました。冬のライディング・ウェア論……なんて言うと多々 ありますが、僕らがずっと言い続けているのは「防寒の工夫を楽しむ」コト。自分の好きな雰囲気で、着心地も含めネライどおりに防寒できたかどうか!? オートバイのセッティング同様、防寒も“キマる”とじつは楽しいのです。真冬も走るリアルなオートバイ乗り12人+通常B@S8人の大ボリュームです。
型番 SB183
販売価格

1,111円(税込1,200円)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける