STREET BIKERS' ストバイ公式ショッピングサイト

Street Bikers’ official site — Web Store

フリーメール(Yahoo!メール等)をご利用のお客様へ 
フリーメールをご利用の場合、こちらからのメールが迷惑メールと判断されてしまう事が多いようです。
お手数をお掛けしてしまい申し訳ございませんが、
メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認頂ければ幸いです。
恐れ入りますが、宜しくお願い申し上げます。

メニューリスト

  • Facebook Page
  • Facebook Page

STREET BIKERS' 2018/1月号 ストリートバイカーズ #188

Category : バックナンバー

*写真をクリックすると拡大して見れます

ドーンッと表紙を飾るこのオートバイ、何だか分かりますか? こちらはカワサキW1SA。毎週末、雨に降られ散々だった10月の中で唯一、天候に恵まれた第1週に箱根で行われたW1ミーティングでの1カットです。 W1ミーティングの会場に入るにはスロープを上がり鋭角に左折するワケですが、今回は“あるネライ”があり、入り口でYASがしゃがみこみ下から皆さんを 撮影いたしました。
 
あるネライとは…!?

そう、特集タイトルは「旧車と19インチ」。
カワサキW800が生産終了した現在、じつはH-Dを除くと現行車でフロント19インチのオートバイはありません。エッ!? と思いません? ’50〜’60年代の英車をはじめ、’70年代の国産車のラインナップはそのほとんどがF19-R18だったのにって。時代の流れ(数々の陰謀!?)で しょうか、F19-R18は前後18インチになり、紆余曲折あったレーサーレプリカ全盛期を経て、今やニューレトロ、ネオクラシックと呼ばれるモデルです ら前後17インチが主流です。
でも……「前後17インチなんて、レプリカじゃないんだから」といっぱしに批判できても、じゃあF19-R18、もっと言えばフロント19インチの魅力っ て、一体何だったんだろう? と聞かれてはっきり答えられるヒトも意外と少ないものです。でも、何だか楽しいんですよね(笑)

第32回を迎えたW1ミーティングを始め、第84回アサマミーティング、第35回北海道ミーティング、第36回英車の集ひ、古き2輪を愛でる会2017、オールドタイムランみかも2017と、今年も恒例の秋の旧車ミーティングが「雨にもマケズ」全国各地で開催されました。
そんななか、ひと括りに“旧車”……といっても、’60〜’70年代生まれの旧車が全国ドコでもイチバン元気に走り回っていたように感じました。調査を進 めると……威風堂々とした旧車の存在感にはやはり“何か”があるような……その謎を解く鍵は、やはりフロント19インチ!?な〜んて思ってしまったので す。
というわけで、秋の旧車ミーティングとともに“オートバイと19インチ”について、あれこれ思いを馳せてみませんか?

■特集

「旧車と19インチ」

旧車が偉くみえるワケ!?

■全国秋の旧車ミーティングレポート

W1ミーティング / 第84回アサマミーティング / 第35回北海道ミーティング / 第36回英車の集ひ / 古き2輪を愛でる会2017 / オールドタイムランみかも2017

■[RSC]2nd

スイングアームを考える。

■“冬手袋”図鑑

老舗JRP産直レポート&防寒グローブカタログ2017〜2018

■[W3組立]
WWW.COMスペシャル

■New Model Review

「”CB”の意味が見えてきた!?」
HONDA CB1100RSで考える”CB感”。

さかのぼること70年近く!? CB92から始まった”CB”の呼称には、市販スポーツモデルだとか、空冷4発だとか、インライン(並列)だとか……昔からさまざまな憶測が繰り返され続 けていますが、CB1100RSとともにあらためて「”CB”とは!?」を考えてみました。新旧CBファン必見ですよ〜。

■創刊20周年記念スペシャル第3弾

超豪華・読者プレゼント

■巻末綴じ込み付録

「IKONサスペンション国産車向けカタログ」

ゆうメールでの発送は送料無料
※ゆうパックでの発送は、送料がかかります。

【年間定期購読割引】
“年間定期購読”をお申込みされている方は、購読期間中はバックナンバーが全て1割引きになります。“備考欄”に、「年間定期購読中」とご記入ください。※自動受信メールの時点では定価のまま表示されますので、お間違えのないようお願いいたします。値引きした金額を再度メールいたします。
型番 SB188
販売価格

1,111円(税込1,200円)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける