STREET BIKERS' ストバイ公式ショッピングサイト

Street Bikers’ official site — Web Store

フリーメール(Yahoo!メール等)をご利用のお客様へ 
フリーメールをご利用の場合、こちらからのメールが迷惑メールと判断されてしまう事が多いようです。
お手数をお掛けしてしまい申し訳ございませんが、
メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認頂ければ幸いです。
恐れ入りますが、宜しくお願い申し上げます。

メニューリスト

  • Facebook Page
  • Facebook Page

STREET BIKERS' 2015/3月号 ストリートバイカーズ #171

Category : バックナンバー

*写真をクリックすると拡大して見れます

1年のうちでもっとも寒い時期の1冊。毎年、何を特集するか悩むのですが、やはり「寒くても走りたい」モノ。じゃぁ「どうすれば寒くても走りにいきたくなるか!?」を今回は提案するべく特集を考えました。題して「冬を逆手にとる!?」です。

今回は「そーいえばそーだよね。」と、バイク乗りなら誰もが納得できる3つの項目をご提案。

まずは、「冬にしか見れない景色」です。乾いた冬の澄んだ空気によって普段の街並みですら“クリア”に見えるもんですが、その醍醐味は自然ならではの色彩をより素晴らしいモノにしてくれます。じゃぁ、自分の住んでいるところから夕陽がキレイに見えるところまで走ってみようじゃないか!? そんな“冬RIDE”をご提案! 今しか見れない景色のためなら、ちょっと寒さも我慢できそうじゃないですか?

お次は、冬だからこそ「バイクを理解する楽しさ」がある、ということ。旧車、現行、セルorキックスタート問わず、キンキンに冷えたエンジンを始動するには、あらためて「どうしたら燃焼室で“火”がつき、連続した爆発につながるのか?」を理解する必要があります。よく「コツを掴む」なんて言いますが、正しくは「メカニズムを理解する」なのです。というわけで、エンジン始動に対する正しい理解と暖機の意味を理解することで、冬だからこそ感じられる「バイクと対話する楽しみ」を伝授いたします。

そして最後、と言いながら本題!? は「冬とバイク乗りとコーヒーの関係」です。昔からバイク乗りの休憩(一服!?)には“ほっと一息”コーヒーはつきものです。おまけに寒い冬ならば、走った先で飲むコーヒーの美味しさも格別です! というわけで、「美味しいコーヒーを飲むために走りに出かけるのって楽しくない!?」これこそが、今企画の発端。ちょっとしたコーヒーグッズを揃え、きれいな景色が見れるとっておきの場所まで走り、自分で淹れたコーヒーを飲む……そんな贅沢は「冬のバイク乗りだけに許された至福の時間かもしれません」さらに!! 「旨いコーヒーは“マイマグカップ”から」というわけで、“割れないマグカップ”カタログから、アウトドアでコーヒーを美味しく飲むためのグッズカタログ、さらには最新防寒グッズまで、今年の冬×バイクの魅力を完全網羅!!

さらには、アメリカを代表するウール衣料メーカー「PENDLETON」特集から、ヨコハマホットロッドカスタムショー、そしてW1乗り必見のW1の本来の魅力を探る「進撃の"W"」連載企画もスタート!! 気になる第1回は旧車レースLOC第4選の模様から!!



※そして重要なお知らせですが、今号から付録クリアファイルはお休みし、切りは外して使えるカレンダーを付録とさせて頂きます。



●“冬”を逆手にとる!? -another winter of coffee-
寒くてもわざわざ走る気にさせる3つの項目&オススメグッズ。
●FEEL of NATURE -PENDLETON WOOL WORLD-
天然素材がもたらす意外な着心地と暖かみ!?
●「進撃の“W”」-LOC第4選で快進撃を見せるW1軍団-
●SB Impression-"NEW" TRIUMPH SCRAMBLER
●Event Report
●ヨコハマホットロッドカスタムショー2014 / LEGEND OF CLASSIC第4選 / CAFERACER'S MET 1st
●Touring Report
愛知NEUTRAL「琵琶湖博物館ツーリング」 / 大阪プレスモーターサイクル「カブでゆく、京都南部・林道走り初め雪山編」
●特別付録
2 & 3月スペシャルカレンダー
and more…


ゆうメールでの発送は送料無料
※ゆうパックでの発送は、送料がかかります。
型番 SB171
販売価格

909円(税込1,000円)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける