STREET BIKERS' ストバイ公式ショッピングサイト

Street Bikers’ official site — Web Store

フリーメール(Yahoo!メール等)をご利用のお客様へ 
フリーメールをご利用の場合、こちらからのメールが迷惑メールと判断されてしまう事が多いようです。
お手数をお掛けしてしまい申し訳ございませんが、
メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認頂ければ幸いです。
恐れ入りますが、宜しくお願い申し上げます。

メニューリスト

STREET BIKERS' 2015/11月号 ストリートバイカーズ #175

Category : バックナンバー

*写真をクリックすると拡大して見れます

まず、内容紹介の前に……この号から“開き”が変更になります。“開き”ってナニ!? とお思いの方もいらっしゃると思いますが、雑誌自体の開き方(ページをめくる方向)がこれまでの“左開き”から“右開き”に変更になりました。“左開き”とは、いわゆる英語を初めとした“横組み”の文字配列に適したモノで、当然、文章もこのブログと同じように左から右へと流れます。大して“右開き”は、日本の小説等を思い浮かべてもらえば分かりやすいですが、日本語等に即した“縦組み”の文字配列に適したモノです。詳しくは誌面でも説明しておりますので割愛しますが、つまりは格段に“読みやすく”、手に取った際に“馴染みやすく”なったというワケです。



さて、最新号の特集は……昨今、旧車の中でも注目を集め始めている“トライアンフ”です。タイトルは「英国製二気筒の核心に迫る!?」。そうです、これまでにあった英車特集やトライアンフ特集とは当然ながら、ひと味もふた味も違う、濃い内容でお届けいたします。


タイトルにも冠した“軽快”、“俊敏”は、トライアンフ・ユーザーを取材すると、言葉は違えど、必ず出てくる要素・感覚です。本特集では、誰もが感覚的に「軽快です」と語るその理由を明らかにし、エンジンの構造から車体の妙まで……これまで語られてこなかったトライアンフの魅力に迫ります。設計技師エドワード・ターナーがトライアンフに込めた思い、そして英国製二気筒の核心……そして、それを知ることは「オートバイに乗った際にヒトが“何をどう感じるか”!?」という、深遠なオートバイの魅力の根本にもつながる内容です。取材し制作した感想は、「さすがは英国が誇るルーツ・オブ・オートバイ!」でした。というワケで、英車好きだけじゃなく必見です。じつはSR乗りこそ読むと感動しますヨ!!?? その意味は誌面で読んで下さいね。


さらに、レーサーライクな“スタンドカラー”に焦点を当てた秋に着たいライダースJKT特集や、おなじみROLLの秋冬コレクション「Cruising for “TON-UP”」やAttractionsのレザーJKT特集など、ファッション企画も盛りだくさんです。


また、8月23日に箱根十国峠レストハウスにて開催した久々の我がストバイ主催イベント!? [SB-TT]ミーティングも巻末にてレポートしています。第1回目にも関わらず新旧海外国産問わず、総勢80台以上ものオートバイ乗りの方々が集まってくれました!! その車種、世代の幅広さは、これまで取材してきたどのミーティングとも違う新しい空気感でした。3〜4ヶ月に1回(あくまでも僕らの理想ですが……)は開催していきたいと考えておりますので、誌面を見て気になった方はどうぞ遊びにきて下さい。



特集

●Miracle of TRIUMPH

軽快! 俊敏! 英国製二気筒の核心に迫る!?

ファッション特集

●BIKER LEATHER JACKET2015
STAND-UP COLLAR ONLY

スポーティ・マインドに“革”を着こなす。

2015 Bikers Brand A/W Preview
ROLL2015 A/W COLLECTION / Attractions Leathers


SB-TTミーティングレポート/京都サカイクロン&大阪プレスモーターサイクルによるツーリングレポート/各種連載等


ゆうメールでの発送は送料無料

【年間定期購読割引】
“年間定期購読”をお申込みされている方は、購読期間中はバックナンバーが全て1割引きになります。“備考欄”に、「年間定期購読中」とご記入ください。※自動受信メールの時点では定価のまま表示されますので、お間違えのないようお願いいたします。値引きした金額を再度メールいたします。
型番 SB175
販売価格

1,389円(税込1,500円)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける